限られた予算の中で

住まいを考える機会が人生には数度訪れます。
結婚や出産等で家族の状況が変わった時が大きな岐路です。
数ある選択肢の中から選んで決断する時です。
多くの場合ネックになるのは予算で、限られた予算の中で最大限家族の希望や理想を叶えるものを選ぶ事になります。

予算だけを考えれば建売住宅という選択もメリットがあります。
徹底したコストダウンにより建てられ、費用に対して間取りも広く取れ、既に建っているのでイメージも掴みやすいという点で選ぶ人も多いです。
しかし、注意する部分として、万人受けするデザインであるという事です。
同じような新築住宅が立ち並ぶ光景はオリジナリティに欠けるというデメリットもあります。
この様な理由から、より家族の理想に近い住まいを考えれば自由に設計できるという点で注文住宅という選択が最適だと考えられます。

安全と健康を考える


理想の住まいを手に入れるには一戸建ての新築注文住宅が自由度の面から見てもメリットが多いと言えます。
その一つに建築資材を選べるという点があります。
アレルギー体質の方が家族にいる場合は建築時に使用する揮発性の接着剤が害を及ぼす事が考えられます。
これらアレルギーの原因となる物質を始めから使用しない設計をする事で体に優しい家づくりが可能です。
更に安全の事を考えると家の耐久性や耐震性が問題となります。
在来工法による家でも耐力壁の増加や筋かいを増やす事で揺れに強い家を建てる事が出来ます。
更に地盤も調査して必要があれば地盤改良をする事でより安心です。
そして建てていく過程を見る事が出来るのも大きなメリットです。

慎重に業者を選ぶ


実際に一戸建て新築注文住宅を建てる場合は信頼できる業者へ依頼する事が必要です。
ハウスメーカーや工務店に依頼する事になりますが、できるだけ多くの業者の説明を受けてから契約した方が無難です。
事前に構造見学会等に参加して知識や費用の相場を理解しておく事も必要です。
これらをする事で予算内でどの様に工夫したら理想の家づくりが可能かのシュミレーションがある程度自分で可能となります。
優良業者はインターネットを検索すれば数多く見つける事ができます。
大手のハウスメーカーなら会社が大きいという安心感もあります。一方、中小の工務店は技術的なバラ付きに注意して選べば将来に渡って面倒見が良いというメリットもあります。

オススメリンク

自分の理想の家を明確に

賃貸ではなく持ち家という選択をした人の中でマンションではなく、戸建てを選ぶ人は家というものを1から選択し、作り上げる楽しみがあります。
マンションでも間取りや内装はある程度選択できますが、戸建てのように外壁や庭まで自分達だけで決める事はできません…Read more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年4月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930